Planning Plan Strategy Growth Development Concept

世の中なんて、パッと変わる、そういう時代なんだ

「世の中なんて、パッと変わる」昔、こんなキャッチフレーズを見た気がします。今の時代の気分だなあ、と記憶が蘇りました。
今日はコピー談義ではなく、マーケティングセンスの話です。
マーケティングセンスのない奴ってどうしようもない。とか、マーケティングセンスって何だろう、そんな話を時々耳にします。
私には、ズバリではないけど、この「世の中なんて、パッと変わる」という気持ちや意識がそれに近く、重要な要素のひとつという気がします。
生きている限り、次の瞬間に何が起きても不思議ではない、ということですね。いいことも、悪いことも、です。
先日、ラグビーのワールドカップで日本が南アフリカに勝ちました。劇的な勝利でした。以来、日本ではラグビー人気が続いています。高校生の時に、ヘボではありましたが、私はラグビー部に所属していましたので、それ以来、半世紀に及ぶラグビーファンです。まさか、生きているうちにこんな日がやって来るとは、まるで夢を見ているようでした。
これは、パッと変わった、いい例です。もちろん反面、あの3・11に代表される悲惨で忘れられない変転の一瞬もありますが、「パッと変わる」という点では真実です。
世の中は、毎日変わらず、平和で緩慢に動いているように見えていて、時折、情勢が一変する。良くも悪くも、そういう一瞬がある、ということですね。
ここで話を戻すと、変わらないものなんて世の中にはない、という意識。変わるなら、変えられるだろう、という思い。私がマーケティングセンスと言っている根っこはここにあります。
何が起きても不思議ではなく、変わっていくことこそが世の中の真実であるなら、当たり前のことや常識が、あっという間にくつがえされて、新しい当たり前が生まれても、それはごく普通のことである。
この価値観、思い込み、基準が、マーケティングセンスなのです。
こう思っている人には、知らず知らずのうちに、ビジネスの常識を塗り替えよう、世の中にあるマーケティングやブランドのあり方を変えてやろうという潜在意識が働いているのではないか、と思うのです。
こう思っていても、実現できるとは限らない。それも、また世の中ですが、変えてやろう、と思っていない人は、決して、何かを変えることはない、これが世の中の真理だと思います。
「世の中なんて、パッと変わる」このセンスと志を大切にしたいと思います。

ブランディング・ディレクター 宇佐美清